禁煙外来

禁煙外来

喫煙は癌や生活習慣病を含む多くの疾病のリスクを増加させ、健康寿命を明らかに短縮することが判っています。
自力で禁煙できない方は、ぜひ禁煙補助薬を使った禁煙治療にトライしてください。

禁煙補助薬と治療スケジュール

パッチ製剤(ニコチンパッチ,商品名ニコチネルTTS)と錠剤(バレニクリン、商品名チャンピックス)があり、それぞれ特徴があります。
患者さんの希望に応じて処方いたします。
ニコチンパッチの治療期間は2か月、チャンピックスの治療期間は3ヶ月間が基本です。
この間、数回受診していただき、診察、呼気一酸化炭素濃度の測定、アドバイスなどを行いながら禁煙補助薬を処方いたします。

チャンピックスはニコチネルTTSと根本的に作用が異なり、タバコを吸うことによる満足感を著明に抑制することができるため、禁煙の成功率が格段に高まりました。
当院ではほとんどの患者さんがチャンピックスによる治療を受けられています。

費用と保険適用

ニコチネルTTSを使用した場合の総額は約40,000円、チャンピックスを使用した場合の総額は約61,000円ですが、条件を満たせば健康保険が効き、たとえば3割負担ならばそれぞれ約12,000円、約18,000円となります。
それぞれ2か月、3か月の治療期間中に禁煙に成功しなかった場合は、自費による治療を継続できますが、保険適応による治療は、1年後まで待たなければなりませんので、頑張って禁煙に成功しましょう。

ニコチネル

  • 院長ブログ
  • インターネット一般外来初診予約