ロックスインデックス検査(脳梗塞・心筋梗塞のリスク判定検査)を始めました.

ロックスインデックス(Lox-index)は,血液検査だけで将来の脳梗塞,心筋梗塞を発症するリスクがどれくらいあるかを知ることのできる検査です.

ガンに次いで日本人の死因の多くを占める心筋梗塞や脳梗塞は,動脈硬化が原因でおこります.
動脈硬化の原因として,血液中のLDL(悪玉)コレステロールがよく知られていますが,LDLが高いと心臓病や脳梗塞になりやすいものの,正常値でも心筋梗塞や脳梗塞を起こす場合もあり,危険を予測する指標としては不十分でした.

この検査では,酸化変性LDLLDLが酸化されて錆びついた物質)と,LOX-1(血管の壁にある,LDLがくっつく物質)という物質を測定することにより,今後10年以内に心筋梗塞・脳梗塞になる危険の程度を正確に予測できます.

予約は不要です.
少量の採血をさせていただくのみで,絶食も不要です.
結果は約2週間後に説明させていただきます.

料金  13,000円 (健康保険は使えません.結果説明料込みです.

詳細は.診療内容のタブからもご覧ください.

2016年9月1日